So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

陰陽五行説 [中国]

陰陽五行説は、長い歴史の中で徐々に形成されたものです。
そして、道教や儒教などの宗教の世界観の基礎理論となりました。
また、十干・十二支などと結びついて暦や方位、そして、風水などの各種占術の基礎理論にもなりました。
オリエントのヘルメス学と同様、古代の科学に相当するようなものでしょう。


<陰陽説>

「陰陽」は、古くはBC6Cの「春秋左伝」に見られますが、これは「天の六気」である、「陰」、「陽」、「風」、「雨」、「晦」、「明」の2つです。
「陰」と「陽」は「日陰」と「日向」を意味するのでしょうが、「気」なので、それを抽象化した概念です。
しかし、自然を構成する「天の六気」であって、万物の根本原理ではありません。

占いの書、「周易」の爻である「- -」、「―」は、本来の意味は「柔」、「剛」です。
しかし、BC1C頃の「十翼」で、爻に「陰」、「陽」が結びつけられました。


<五行説>

「五行」は、古くは「書経」に見られますが、「水火木金土」の順番で記され、さらに、「穀」を加えて「六府」とも表現されます。
また、「春秋左伝」では、「六材」と表現されます。
どちらも、人間の生活に必要な材料という意味であって、自然を構成する五大元素ということではありません。

戦国時代のBC4C頃、陰陽家の鄒衍により、「五行」の「相克説」が生まれました。
これは、「木→土→水→火→金→」という順番で、前者が後者に勝つという関係です。
彼は、政治を季節に合わせるべきという時令思想を「五行」に結び付けて考え、王朝交代にも当てはめました。
政治と結びつけたため、「五徳」とも表現します。

鄒衍は、季節循環を下記のように五行に配当しました。
春=木 → 夏=火→ 秋:金 → 冬:水→
「土」は季節の変わり目の「土用」です。

秦王朝が「相克説」で自身の正当性をアピールしたため、「五行説」は広まり、万物の原理と考えられるようになっていきました。

季節に配当された「五行」は、方位にも配当されるようになります。
殷時代には中央を含めた五方の神を祀る「五方信仰」があり、これとも関係があるのでしょう。

他にも、「五行」が配当されたものには、「五臓」、「五色」、「五惑星」などがあります。

・木:春 :東 :青:脾
・火:夏 :南 :赤:肺
・土:土用:中央:黄:心
・金:秋 :西 :白:肝
・水:冬 :北 :黒:腎

万物の「五行」の配当は、呂不韋(BC290-BC235)の「呂氏春秋」の「十二紀」などにまとめられました。

BC1C頃、劉向・劉歆親子により「相生説」が生まれました。
これは、「木→火→土→金→水→」という順番で、前者から後者が生じるという循環の関係です。
彼らも、王朝交代の原理に当てはめて考えました。
しかし、すでに鄒衍には「相生説」に類する説があり、劉向・劉歆親子がそれを整理して声高に唱えました。


<陰陽五行説>

鄒衍は、「陰陽説」と「五行説」を下記のように結びつけました。
これは「主運説」と言います。

・木:陽
・火:陰
・土:-
・金:陽
・水:陰

時代は流れて、北宋の周敦頤(1017-1073)は「太極図説」で、続く南宋の朱熹(1130-1200)は「太極図解」で陰陽説と五行説を結び付けて、下記のような順番で宇宙創造論を展開しました。

 太極→陰陽→五行→太極→男女→万物


<十干・十二支>

上述の「呂氏春秋」では、殷時代にはすでに存在していた「干支」にも「五行」が配当されています。

「甲乙丙丁…」の「十干」は、一カ月を3分して10日ごとの「旬」に区切り、それを十本の指で数えるものとして生まれましした。

「十干」にも五行が、下記のように配当されました。
 甲・乙=木 → 丙・丁=火 → …

また、「五行」に配当される「十干」はそれぞれ2つになりますが、前者を陽=兄、後者を陰=弟という具合に、「陰陽」を配当しました。
そのため、「十干」を「兄弟(えと)」とも表現します。

また、「十干」の循環には、植物が芽吹いて成長し種になる生命循環の意味が付けられました。
そのため、植物との比喩で「十幹」とも表現されます。

一方、「子(し)・丑(ちゅう)・寅(いん)・卯(ぼう)…」の「十二支」は、殷時代までに、木星の見える方向で、公転周期が12年なので、それに合わせて天を12分したことに由来します。
その後、木星から北斗七星の方向に変わりました。

秦漢時代に、民衆に分かりやすいように、動物が配当され、「子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)…」となりました。

「十二支」にも、植物の生長循環の意味が付けられ、「十幹」に対して「十二枝」と表現されることもあります。

「十二支」にも「五行」と「陰陽」が配当されました。

「十干」と「十二支」は組み合わされて「60干支」となりました。

「十干」は10年周期、旬(10日)、「十二支」は12年周期、12カ月、一日の時刻、方向を示しますので、それに配当された陰陽五行との関係で、様々な占いが可能とありました。
これらは象徴体系なので、魔術にも使用されたはずです。


nice!(0)  コメント(0) 

天師道 [中国]

道教の源流の一つである五斗米道は後漢末に、張陵によって始められました。
五斗米道は、「道(タオ)」を神格化した「太上大道(=無極大道)」を最高神とし、鬼神に祈祷して罪を取り除いて病気を治療することに重点を置いていました。

五斗米道は、漢から独立した政権を建てていましたが、やがて張陵の孫の張魯の時に曹操に投降しました。
張魯に従って多くの人が南から北方に移住しました。
張魯が曹操から優遇されて大官になると、官僚の多くが影響を受けて五斗米道を学びました。

その後、五斗米道は、「天師道」という名前に変わっていきます。

五斗米道・天師道は、北魏の冦謙之(365-448)の改革によって、北方では「新天師道」、「北天師道」などと呼ばれるようになります。
彼は、教職の世襲を禁止し、教団規則を厳密化しました。
彼の改革によって、天師道は、貴族階級に浸透しました。

一方、南朝の宋(劉宋)でも、腐敗に対する改革が行われ、政治色が薄れてより宗教的なものになり、教団は出家した道士が道観に住むようになります。
そして、仏教と対比して、自分たちの宗教を「道教」と命名しました。
この時、狭義の「道教」=「天師道」が成立しました。


天師道の特徴は、「三天思想」です。
これは、鬼神の支配者が「六天」から「三天」に変わると太上老君が五斗米道の張陵に伝えたとするものです。
「三天」は、「太上大道」の居場所であり同格の神格です。
そして、「三天」を助ける道が「正一盟威の道」と呼ばれます。

その後、天師満では、「霊宝経」の最高神の「元始天尊」が取り入れられ、「太上大道」と一体化されました。
また、「太上老君」が「太上大道」を補佐する存在で、玄・元・始の三気からなる「玄妙玉女」の左脇より生まれたとされました。
ですが、その後、「太上大道」と同格の存在に昇格していきます。


江南の陸修静(406-477)は、道教経典の整理を行い、「三洞経書目録」(471)を著しました。
この分類法は「三洞四輔十二類」(三洞説)という分類法で、道教の基本としてその後も受け継がれ、整備されていきました。
この分類は、天師道がこれまでの道教系思想を統合する存在であることを示しています。

「三洞」とその重要さの順位は次の通りです。

1 洞真部:「上清経」、「黄庭経」など、思神、誦経、修丹、善行が特徴
2 洞玄部:「霊宝経」など、法事、呪符が特徴
3 洞神部:「三皇経」など 葛洪 

「四輔」とその順位は次の通りです。
1 正一:三洞全体を補佐、「正一経」を含む
2 太玄:洞真部を補佐、「老子道徳経」を含む
3 太平:洞玄部を補佐、「太平経」を含む
4 太清:洞神部を補佐、「金丹経」を含む

結局、「正一経」が一番重視されたことになります。

また、道士の7位階は「正一法位」と呼ばれ、この「三洞四輔」の学習の順番と対応して作られました。
そして、彼は、戒律と斎醮儀規を制定しました。


唐時代には、「三洞四輔十二類」を基本として、「道蔵」の編纂が始まりました。
また、唐の皇帝は道教の救世の予言を利用するためか、老子の後裔であるとして、道教を援助しました。
そのため、鎮護国家と皇帝の長寿を祈る斎醮を行う符籙派(呪符を重視)が盛んになりました。
北宋時代には、天師道では「天心正法」という雷法(呪符で雷神を操り駆邪・治病・祈雨する新しい道術)が創案され、これを信奉する一派が「天心派」、「神霄派」と呼ばれるようになりました。

南宋時代には、天師道に浄明派、清微派、東華派が興りました。
また、符籙派である正一派が興りました。張盛 

元朝は、南方では正一派に道教界を管理させました。
続く明朝は、北方も含めて正一派に道教界全体を管理させました。
明時代には、道教が認めていなかった関帝や媽祖などの民間信仰を取り入れていきました。

そして、以下のような神話を語ります。

宇宙の始めの3つの気「玄気/元気/始気」から生まれた「玄妙玉女」の左脇から「太上老君」が生まれ、「太上老君」がこの世界を創造しました。
「太上老君」は春秋戦国時代に老子として現れて道家思想を説き、後漢時代に五斗米道の開祖、張陵に教説を伝えました。
またこの時、世界の統治者が六天から「三天(清微天/禹余天/大赤天)」に変わったことを伝えました。

三天は「太上大道」の3つの現れであり、神格でありその居場所であって、「三尊説」のような垂直的な構造ではなく水平的な存在です。
また、三気は陰・陽・冲の3気とは違って、これらを生み出す元になるものです。
この「三気・三天」の説は上清派から取り入れたものです。

ちなみに宋時代以降はさらに体系化が進んで、一気である「妙一」から「三元」が生まれ、これから三気と三天、三清、三宝君が生まれるとい説くようになりました。

天師道では「太上老君」は三天を補佐する存在で、三天より低い神格です。
ですが、「太上老君」を至高存在として考えることもありました。
つまり、天師道は、仏教が至高の真理そのものである仏陀が説いた教えであることと同様に、道教は至高の真理そのものである道=太上老君=老子が説いた教えであるとしたのです。


nice!(0)  コメント(0) 

抱朴子・葛氏道と煉丹法 [中国]

<抱朴子・葛氏道>

葛氏道は、神仙道の書として有名な「抱朴子」を著した葛洪(283-343)らの神仙道の流派です。
この派は、教団組織を作らず、師と弟子の関係の小さな修行グループでした。

この派の開祖とされるのは、呉の左慈(左元放)で、後漢末に、天柱山で神人から金丹の仙経「九丹金液仙経」などを授かったことが始まりです。
口伝を含めて、「仙経」は左慈から葛玄(葛仙公)→鄭陰→葛洪と伝えられました。

葛洪によれば、不死を得て、さらに天に上る仙人になるために必要な仙術は、「金丹法(煉丹術・外丹)」です。

次に重要なのは、「房中術(性行為によって精を取る方法)」、「行気(呼吸法などによって体内に気を留める方法)」、「服薬」の3つです。
その次が、「導引術(体を動かして気を巡らす方法)」、「存思法(神の観想法)」などです。

もともと、葛氏道には宗教的な側面がほとんどありませんでした。
ですが、「金丹法」は時間、費用などの点で困難なため、葛洪の後、「霊宝五符」などの呪符の信仰が強まっていきました。
東晋時代には、「霊宝五篇真文」という呪符が作成され、当時、終末論の流行と共に、この
呪符が大流行しました。
これには、五斗米道などの宗教性・呪術性の強い神仙道の影響もあります。
また、この呪符を解説する経であり、元始天尊が太上道君に授けたとする「元始系霊宝経」が作成され、これは天師道の道士達にも影響を与えました。

また、上清派の影響もあって、体内神の「存思」も重視されるようになりました。


<煉丹術>

「煉丹術」は、不老長寿や昇仙のための養生術の一つで、広義では「外丹」と「内丹」を指しますが、狭義には「外丹」のことです。
「外丹」は、非金属を金属にする丹薬を服用する方法で、オリエント、西洋、インドの錬金術と似ていて、交流もあったと思われます。
一方の「内丹」は、体内の気をコントロールする瞑想法です。
古くは、「内丹」は不老長寿を目的とし、「外丹」はさらに昇仙までを目的とするとし、後者の方が優れた方法とされました。
ですが、「外丹」は、完成されず、死者も多数出したため、唐代を限りに衰退しました。

中国最古の煉丹術書は、「周易参同契」だと言われています。
作者は魏伯陽で、煉丹術を、儒教の陰陽五行の哲学と、道教の哲学に基づいて説明しながら、「煉丹術」の重要性を訴えています。
そのため、他の各種の神仙術を否定しています。

基本的な理論は、「陽」である金、鉛と、「陰」である汞(水銀)、丹砂(硫化水銀)を素材にして、不死の神仙となるための「丹」を作るものです。
また、その過程の物質の変性を、色に注目して五行に対応すると考えました。

「抱朴子」では、「金丹」を重視しますが、これは「還丹」と「金液」のことです。

「還丹」は、丹砂を原料にして化学変化させて「丹」にしたもの、「丹」は人を仙人にし、物質を金にする力を持っていると考えました。

丹砂(硫化水銀)は赤い色をしていますが、化学変化の過程で、白(塩化水銀)→黒(酸化水銀)→赤と変化させながら戻すことができるので、「還丹」と表現されるのでしょう。

金が「不変」を本質とするのに対して、水銀はこのように「変化」を本質とし、その過程に死と再生・若返りを感じさせます。
丹砂は赤く血の色でもあり、生命力や復活の象徴でもありました。
また、水銀には防腐作用があるため、不死性を持つと考えられたのでしょう。

ですが、「抱朴子」には「丹」として「還丹」以外に、「丹華」、「神符」、「餌丹」、「錬丹」、「柔丹」、「伏丹」、「寒丹」と、様々な「丹」があるとしています。
仙人になるためには、「還丹」は服用100日が必要ですが、「伏丹」は服用即日で可能です。

一方、「金液」は、金に各種の物質(含水硫化ナトリウム、塩化鉄、塩化ナトリウム、雲母など)を加えて液体にしたものです。
「金液」は服すると即日で仙人になることができ、また、物質を金にすることができるとします。


nice!(0)  コメント(0)