So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ヴェーダーンタ哲学 [古代インド]

バラモン系「六派哲学」の一派のヴェーダーンタ哲学は「ヴェーダ」、特にその奥義であるウパニシャッドの研究を目的とするインド哲学の最大の学派です。
-2~3Cのジャイミンに始まり、5Cの「ブラフマ・スートラ」、バルトリハリの「語一元論」と展開して、8Cのシャンカラの「不二一元論」によって大成されました。

ヴェーダーンタ哲学は「ブラフマン」の1元論を唱えます。
そして、個人の真我「アートマン」がそれに等しいことを知ることによって解脱すると考えます。

ブラフマンは宇宙のすべてを生み出す根源です。
ブラフマンの代表的な性質は「有(サット)」、「知(チット)」、「歓喜(アーナンダ)」です。
これはオリエント・ギリシャの神智学と同様ですが、光という性質は強調されていません。
ブラフマンには抽象的な中性の原理という性質と、人格神的な男性神としての性質の両方があって、ヴェーダーンタ哲学の中でも人によってその捉え方は様々です。

ブラフマンは無目的に遊戯として世界と個我を開展します。
「虚空、風、火、水、地」という順に「微細な5大元素」と「粗大な5大元素」を生みます。
これらから「アンターカラーナ(内官)」、「プラーナ」、「5行動器官」、「5感覚器官」が構成されます。
これらは人間の魂の体である「微細身」と肉体である「粗大身」で、「アートマン(真の個我)」がここに入ります。
アンターカラーナはサーンキヤ哲学のブッディとマナスに相当するものです。

アートマンは4つの階層に対応する意識状態を廻ります。
「覚醒/夢見/熟睡/第4状態」です。

覚醒状態の時にはアンターカラーナや5感覚器官が働いています。
夢見状態の時にはアンターカラーナのみが働いていて、覚醒時の体験の潜在印象で作られる世界を体験します。
熟睡状態の時にはアンターカラーナも働かず、アートマンは認識の対象がない「純粋な知」の状態にあります。
ですが、覚醒や夢見の状態の潜在的な可能性としての種子が存在する状態です。
この種子を止滅させて解脱したアートマン=ブラフマンの状態が第4状態です。

     (アートマンの4状態)

  第4状態  :解脱、=ブラフマンの状態
  熟睡状態 :純粋な知、種子の状態
  夢見状態 :アンターカラーナ(潜在印象)の活動状態
  覚醒状態 :アンターカラーナと5感覚器官の活動状態

 
バルトリハリは一種の言語神秘主義思想によってヴェーダーンタ哲学を発展させました。
彼によれば、ブラフマンは否定的にしか表現できない純粋なブラフマンと、世界原因であって言葉であるブラフマンの2つの階層に分けられます。
世界原因はサーンキヤ哲学のプラクリティに相当するもので、それが言葉という点ではストア派の「ロゴス」に近い存在でしょう。

彼は言葉の本質を音声の中で意味を現す存在である「スポータ」であるとしました。
彼によれば、言葉・意味は4つの階層で現れます。
まず、ブラフマンである「最高の言葉」、次に虚空の最初の振動である「見つつある言葉」、音声の微少部分である「中間の言葉」、最後が人間の言葉である「文節された言葉」です。

シャンカラの頃のヴェーダーンタ哲学は仏教の影響も受けて非実態主義的な傾向を持ちました。
シャンカラの哲学は「幻影主義的不二一元論」と呼ばれます。

彼によればブラフマン(とアートマン)以外は実際には実在しない幻のようなものなのです。
それらは「無明(マーヤー)」と呼ばれる認識の間違いによって、存在しない幻が投影されたものでしかないのです。
ブラフマン以外の宇宙は実在しないものなので、宇宙は開展されたものではなくて、単に「仮現」されたものなのです。
無明がなくなると、宇宙はすべてブラフマンとしての姿を現わします。

シャンカラはバルトリハリの考えを受けてか、ブララフマンの中にある「未開展の名称・形態」というものが、宇宙の仮現のもとになると考えました。
あらゆる形・性質を可能性として宿している存在です。
ですが、シャンカラ以外のヴェーダーンタ派の哲学はこれを認めず、代わりに「無明」を宇宙的な原理として考えて、これがブラフマンを隠し、開展する力と考えられました。

また、シャンカラによれば、純粋な意識の主体であるアートマンがブッディ(アンターカラーナ)を照らし、その像を映すことによって、ブッディが意識を持つ主体であるかのように誤解をするのです。
この「像」という発想はオリエントの思想を思い出させます。

その後、10Cにはラーマーヌジャがバクティ思想に傾倒したヴェーダーンタ哲学を展開します。
彼はブラフマンをヴィシュヌ教のナーラーヤナと同一視します。
ブラフマンは遊戯として、純粋精神(プルシャ)=個我(アートマン)と根本物質(プラクリティ)を自分の中から分離して世界を創造します。
このように、サーンキヤ哲学をも取り入れています。
個我も世界もブラフマン同様に実在であり、不一不異です。
このため、「被限定不二一元論」と呼ばれます。

また、15Cのヴァッラバの思想は「純粋不二一元論」と呼ばれますが、三者を実在とし、バクティを重視するので、ラーマーヌジャと類似しています。
しかし、何の努力もせず、神に近づくすべを持たない者に、神によって与えられる「プシュティ・バクティ」を重視したのが特徴です。
これはゾクチェンや親鸞の他力に近い思想でしょう。
 

san_ved.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

サーンキヤ哲学 [古代インド]

インドでは哲学的思考を「ダルシャナ」と呼びます。
グプタ朝期に成立したバラモン系の「六派哲学」の中で神智学的傾向の強いのがサーンキヤ哲学(サーンキヤ派)とヴェーダーンタ哲学(ヴェーダーンタ派)です。

サーンキヤ哲学は-3~4Cのカピラに始まり、4Cのイーシュヴァラ・クリシュナの「サーンキヤ・カーリカー」によって体系化されました。
サーンキヤ哲学は神話的な原人「プルシャ」を抽象化してアートマン同様の「真我」としました。

プルシャは観察するだけの純粋な意識原理で、常に解脱の状態にあります。
プルシャは多数存在して、すべてのプルシャの根源である「最高我」と同じにして異なるものだとされます。
サーンキヤ哲学が問題とするのは、この純粋な意識からこれ以外のすべてを排除して、本来の姿を見い出すことです。
サーンキヤ哲学はこの実践に適したように哲学されたためにプルシャとそれ以外の要素という2元論の形をとったのです。
ですから、この2元論はゾロアスター教的な善悪の2元論とは異なります。

純粋意識であるプルシャ以外のすべてのもの、つまり精神世界や物質世界は根本物質である「プラクリティ」から流出します。
インドでは流出を「パリナマ」と言い、日本のインド学ではこれを「開展」と訳します。
プラクリティはすべての現われが生まれる根源なので「アヴィヤクタ(未開展物)」とも呼ばれます。

ただ、プラクリティには内部構造があって、3つの要素が平衡した状態です。
これらは、光、快楽を特徴とする「サットヴァ」、活動と不快を特徴とする「ラジャス」、闇と抑制を特徴とする「タマス」です。
このように物質を元素ではなくて根源的な傾向によって分類する発想は、錬金術で「硫黄、水銀、塩」の3つの傾向を考えることに似ています。

プルシャは世界を享楽し、やがて解脱するためにプラクリティを眺めます。
つまり、インド古典思想としては珍しく、サーンキヤ哲学は宇宙創造の意味を認めているのです。

すると、プラクリティはラジャスが活動を始めて平衡状態が破れ、世界が生まれます。
まず、「ブッディ(思考・判断作用)」、「アハンカーラ(自我意識)」、「マナス(識別作用)」、「5感覚器官」、「5行動器官」が順次生まれます。
さらに5感覚器官から「微細な5大元素」、そして「粗大な5大元素」を生みます。サーンキヤ哲学ではギリシャ哲学でいうヌースのような直観的知性を宇宙論的には考えません。

サーンキヤの実践の方法論として「八成就」があります。
これは仏教の「八正道」のようなものでしょう。
「思量(考える)」、「声(教えを受ける)」、「読誦(師のもとでの学習)」、「依内苦滅(自分の心身の苦を滅する)」、「依外苦滅(他人などによる苦を滅する)」、「依天苦滅(自然や鬼神による苦を滅する)」、「友を得る」、「布施(長期的な学習)」の8つです。

また、瞑想の階梯として「6行観」があります。
これは「粗大な5大元素」、「十一根(5感覚器官・行動器官・マナス)」、「微細な5大元素」、「アハンカーラ」、「ブッディ」、「プラクリティ」の6種類の対象に関して、順に、それが自分自身ではないと理解して離れる、という瞑想法です。
つまり、プラクリティの開展物を一つ一つ自分自身から切り離していく瞑想です。
これは古代の原始仏教が「色(外界の対象)・受(感覚作用)・想(感覚像)・行(感情や意志)・識(識別作用)」という認識プロセスのどの段階も真我ではないと分析したことと似ていま。

サーンキヤ哲はバラモン教「六派哲学」の「ヨガ派」やヒンドゥー教の「ジュニャーナ・ヨガ」の基礎教学となりましたが、中世に徐々に衰退し、ヴェーダーンタ哲学に吸収されていきました。

san_ved.jpg


nice!(0)  コメント(0)