So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

はじめに (目次) [はじめに (目次)]

このブログでは、古代のオリエントに発して東西の文化交流によって発展した神秘主義的な哲学、思想の流れを扱います。
このような試みは他にはないと思いますし、多数の独創的な解釈を行います。

神秘主義的な哲学は「神智学(セオソフィー)」とも呼ばれます。
これは時代や地域を超えた普遍性を持っているので、「永遠の哲学」と呼ばれることもあります。

このブログでは、「神智学」を、哲学的・概念的に表現された思想だけではなくて、象徴的イメージや神話として表現された思想も含めて考えます。

神智学の中にある時代や地域を超えた共通性が、歴史的な影響関係があって生まれたものか、もともと人間に備わった共通性から来たものが、実証することは不可能です。
本ブログでは、かなり直接的な影響関係があったと推測して紹介していきます。

古代の文化の中心地は、世界最初の都市文明を築いたメソポタミアと、世界最初の巨大帝国を築いたペルシャです。
ですから、大局的に見ると、この地方を中心にして東西に神智学が伝わっていったと推測できます。
そして、神智学の主な最終形は、西洋ではブラバツキーやシュタイナー、イスラム世界ではイスマーイール・タイイブ派やスフラワルディー、インド文化圏ではカーラチャクラ・タントラなどでしょう。

下記に順次書いていく予定の目次を掲載します。
既存の記事にはリンクを張っています。
15年ほど前に書いた文章もあります。
随時書き換えたりもします。

*最近、執筆を再開しましたが、コメントをいただいても気づかなかったり、お返事できないこともあるので、ご了承ください。(2018.3.29)

*姉妹ブログ本「神話と秘儀」「世界の瞑想法」「仏教の修行体系」「夢見の技術」もご参照ください。

==目次==

◆序:神智学とは

神秘主義とは  ・3つの表現スタイル
象徴と象徴体系  ・神智学とは(ソフィアとロゴス)
創造神話・宇宙論・救済神話・哲学からの神智学の誕生

◆古代編 

◇創造神話と古代神智学
創造神話の神智学化  ・宇宙開闢神話の構造
天地創造神話の構造  ・エジプトの創造神話
メソポタミアの創造神話  ・ギリシャの創造神話
インド・ヨーロッパ語族のパンテオン  ・インド・ヴェーダの創造神話
インド・ヒンドゥー教の創造神話  ・イラン・ペルシャの創造神話

◇バビロニアの宇宙論とペルシャの救済神話・神智学
  ・占星学的宇宙論と神々  ・マズダ教 vs ミスラ教
ゾロアスター教の宇宙論:時間  ・ゾロアスター教の宇宙論:パンテオン
ゾロアスター教の宇宙論:空間
ズルワン主義の潮流   ・ズルワンと三位一体
ズルワン主義の宇宙論  ・ミトラの顕現と救済論

◇古代ギリ シャの神智学
ソクラテス以前の哲学  ・至高存在と根源の探究
生滅する宇宙  ・オルペウス派の輪廻思想
エンペドクレスによる統合  ・中期プラトンの神秘主義哲学
不文の教説とピタゴラス主義  ・プラトンの宇宙論
アトランティス伝説とオリエント神話  ・後期プラトンの観念哲学
アリストテレス神学  ・プラトン、アリストテレスの影響

◇ヘレニズム、ローマ期の神智学
ヘレニズムの宇宙論  ・7光線占星学理論とマグサイオイ文書
12星座神話とミトラス教  ・ストア派
中期プラトン主義  ・ヘルメス主義
錬金術  ・グノーシス主義
カルデア人の神託  ・マニ教
新プラトン主義  ・プロティノスの一者
プロティノスの流出  ・プロティノスの階層
プロティノスの帰還  ・イアンブリコスと降神術
プロクロスの階層と系列  ・プロクロスの帰還

◇ユダヤ、キリスト教の神学と神智学
メルカーバー神秘主義  ・セフィロート神秘主義
パウロとヨハネのキリスト教神秘主義  ・キリスト教の正統と異端
ギリシャ正教のテオーシスとヘシュカズム  ・教父哲学と神の闇
偽ディオニシオスと天使の位階

◆古代東洋&中世・近世編

◇イスラム教の神智学
  ・古代思想の継承と東西交流  ・ムハンマドの夜の旅
シーア派とイマーム  ・シーア派のミスラ神話(ミール派イスラム)
12イマーム派と隠れイマーム  ・イスマーイール派の流れ
初期イスマーイール派の神話  ・スーパーシーア派と7大天使
理性と信仰の対立  ・イスラム哲学とイブン・スィーナー
スーフィズム  ・スーフィズムと意識の階梯
スーフィズムの秘密言語と象徴  ・イスマーイール派神話の哲学化
イスマーイール派とアダムの復帰  ・スフラワルディーの神智学
イブン・アラビーの神智学

◇古代インドの神智学
古代から中世へ  ・オリエント・イランからの影響
・インド神智学の特徴  ・サーンキヤ哲学
ヴェーダーンタ哲学  ・ヨガ派の修行体系
ヒンドゥー教神智学の階層論  ・ヒンドゥー教神智学の空間論
ヒンドゥー教神智学の時間論  ・仏教の流れと神秘主義
部派仏教のアビダルマ哲学
南方上座部とブッダゴーサの『清浄道論』
説一切有部とヴァスヴァンドゥの『倶舎論』
大乗仏教の誕生  ・如来蔵思想
大乗仏教の仏陀観と真理観  ・中観派と般若学  
瑜伽行唯識派

◇中世インド・その周辺の神智学
タントラ(ヴァジュラヤーナ、密教)  ・タントラ生理学とハタ・ヨガ
ヒンドゥー教系
ヴィシュヌ教、シヴァ教、シャクティ教
ヴィシュヌ教パーンチャラートラ派
シャイヴァ・シッダーンタ(聖典シヴァ派)  ・シヴァ教カシミール派
シャクティ教シュリー・クラ派  ・シャクティ教シュリー・ヴィディヤー派
タミル18人のシッダの伝統
仏教系
密教(タントラ仏教)の発展段階
金剛乗と金剛頂経(ヴァジュラ・ヤーナ)
無上ヨガ・タントラの思想と潮流  ・無上ヨガ・タントラの生起次第
無上ヨガ・タントラの究竟次第
秘密集会タントラの思想  ・秘密集会タントラの二次第
チャクラサンヴァラ・タントラの思想
チャクラサンヴァラ・タントラの究竟次第
カーラチャクラ・タントラとシャンバラ伝説・終末論
カーラチャクラ・タントラの思想  ・カーラチャクラ・タントラの二次第
ゾクチェン 
その他
イスマーイール・パミール派  ・シク教(カビールとナーナク)

◇中国の神智学
道家思想の成立  ・漢代の道家思想の影響
南北朝時代の道家思想:玄学  ・抱朴子と葛氏道
道教の成立:天師道  ・煉丹術(外丹)
・存思  ・陰陽五行説  ・方術
格義仏教  ・華厳宗  ・天台宗  ・禅宗
宋学と程伊川  ・全真教
・内丹の歴史  ・内丹の理論(気の身体論)
・内丹の行法  ・白蓮教(弥勒教)

◇中世のユダヤ・キリスト教の神学と神智学
マグダラのマリア派とカタリ派  ・テンプル騎士団
ヒルデガルトと女性の神性  ・3つのプレ・ルネサンス
スコトス・エリウゲナ  ・托鉢修道院とスコラ学
エックハルトと自由心霊派  ・ラビアのテレサと十字架のヨハネ
・カバラと生命の樹  ・グレゴリオス・パラマスのヘシュカズム
・ゲルマン神話とキリスト教の習合

◇近世ヨーロッパの神智学
・イタリア・ルネサンス(フィチーノ、ピコ)
・北方ルネサンス(アグリッパ、パルケラスス)
・アンドレーエの薔薇十字思想
・イギリス・ルネサンス(ディー、フラッド)
・ヤコブ・ベーメ  ・スウェデンボルグ 
・近代フリーメーソンと啓蒙主義  ・近代哲学と神秘主義

◆近代・現代編

◇近現代 ヨーロッパ
・サン・マルタン  ・マルティニズム
・ルネ・ゲノン  ・ブラバツキーと神智学協会
・シュタイナーと人智学協会  ・グルジェフ
・ゴールデンドーン  ・アレウスター・クロウリー
・ピート・キャロルのカオス魔術  ・ニュー・ペイガニズム

◇近現代 インド
・ラーマ・クリシュナとヴィヴェーカーナンダ
・クリシュナムルティ  ・オーロビンド・ゴーシュ
・ラマナ・マハリシとニサルガダッタ・マハラジ
現代ヨガ(アイアンガーとパタビ・ジョイス)

◇近現代 アメリカ 他
・ケン・ウィルバーとニューエイジ  ・ジョン・C・リリー
・ナイトスタンド・ブッディズム
・ニュー・シャーマニズム  ・プロセス指向心理学


nice!(0)  コメント(2) 

イスマーイール・パミール派 [中世インド]

イスラム教シーア派の中でも、より秘教的で、ミトラ教などのイラン系神智学の影響を受けた派は、スーパー・シーア派と呼ばれます。
その中のイスマーイール派のさらにその一派で、暗殺教団としても知られる「ニザーリー派(ニザール派)」は、イラン高原のアラムートなどを拠点にし、そこでは独立政権を樹立していました。
13C半ばに、そこにモンゴル軍が侵入する直前、タジク、パミール地方に脱出し、さらにインドにも入って布教したのが「パミール派」です。


パミール派の大師(指導者)は、ムガル帝国のアクバル大帝の側近にもなりました。


イスマーイール・パミール派に関しては、情報が少ないのですが、イラン、インドの神智学の統合としては興味深いものです。
パルシー(インド・ゾロアスター教)の秘教派と共に、後の、ブラヴァツキーの神智学にも影響を与えているかもしれません。


パミール派の創始者はナーシル・ホスローで、彼は、「2つの智慧の統合の書」を著し、スーパー・シーア派とヒンドゥー教を統合した思想を展開しました。


例えば、パミール派によれば、「イマーム」はヴィシュヌの化身であり、「マフディー」=ミトラは、ヴィシュヌの第10の化身のカルキであると考えました。
実際、「カルキ」は、パミール派がインドに入る前に、イラン系の神智学の影響で生まれた信仰だろうと思われますが。


パミール派は、下記のように、ミトラ教とヒンドゥー教のパンテオン(神々)を対応させました。


・イエッラー・ミール=ブラフマン
・ズルワン     =シヴァ
・ミトラ      =ヴィシュヌ
・ソフィア     =ブラフマー


ソフィアに対応するのはシャクティが適当だと思いますが、ヒンドゥーのトリムルティに合わせているので、ブラフマーとなっています。


マニ教やミトラ教と同様に、パミール派は現地の神々の名前を使うため、表面的にはヒンドゥー教のように見えます。
しかし、パミール派には、グノーシス的神話、7大大師など、西方的な要素もあります。


nice!(0)  コメント(0) 

シク教(カビールとナーナク) [中世インド]

シク教は、16Cにインドのパンジャーブ地方で、ナーナクを開祖として誕生した宗教です。
その本質は、ヒンドゥー教とイスラム教を、普遍主義的で、神秘主義的な内的体験重視の観点から統合しようとしたものです。


シク教は、イスラム教徒が侵入したインドの西北地域での、ヒンドゥー教との交流の中で誕生しました。
一神教で偶像を否定するイスラム教、多神教的で偶像(地上で活動すること)を肯定するヒンドゥー教は、一見まったく異なります。
シク教は、異質な2つの宗教の、その表面的、儀式的な部分を徹底的に否定します。
そして、神秘主義的な体験をもとに、神の唯一性、内在性を基本とする単純な教義によって両宗教を統合しました。



第二次大戦後、英領からヒンドゥー教のインドと、イスラム教のパキスタンが分離独立した時、シク教のパンジャーブは独立を勝ち取れず、多くのシク教徒が世界に移住しました。
ターバンに象徴されるインド人の姿は、この移住したシク教徒から来ています。


シク教には、大乗仏教と似たところがあります。
大乗仏教は、クシャーナ朝などのイラン系の王朝がインド西北から侵入したことによって、イランの宗教とインド仏教が習合して生まれました。
シク教は、ムガル朝に至るイスラム系王朝がインド西北から侵入したことによって、イスラム教とインド・ヒンドゥー教が習合して生まれました。
両宗教は、習合という点以外にも、カースト制を否定する点、在家主義の点でも似ています。


ですが、新仏教を創出したアンベードカルは、最初、アウトカースト民と共にシク教に改宗しようとして、拒否されたため、新仏教へ至ったといういきさつがあります。



<背景>


シク教のバックボーンには、スーフィズムとバクティ信仰があります。
この2つには神に対する愛を特徴としている点で、似ていますし、バクティ信仰にもスーフィズムの影響があったでしょう。


8Cからイスラムのインド侵入が始まりますが、同時に、スーフィー達が、インド民衆に対して布教を開始しました。
バクティとズィクル(神の名を唱える)を説くというシンプルなものでした。
初期のスーフィーでは、11Cのイスマーイール派のヌールディンが有名です。
そして、12C以降には、各地にスーフィー各派の道場ができました。


13Cからは、奴隷王朝、デリー=スルタン朝などのイスラム王朝が次々生まれることになり、16Cにはムガル帝国によって、インドのイスラム王朝は安定期を迎えます。
ムガル帝国のアクバル大帝は、神秘主義的宗教から強い影響を受け、諸宗教を統合する志向を持っていて、それはディーニ・イラーヒーが記した「神の宗教」に残されています。



シク教の教祖のナーナクの思想は、その先駆をカビールに見ることができます。
さらに、そのカビールは、ラーマーナンダに影響を受けました。


ラーマーナンダは、1400頃、プラヤーガに生まれました。
シュリー・ヴァインシュナヴァ派の教師に教わり、南インドに行ってラーマーヌジャ派に参入したようです。
その後、彼は、バクティを北インドに持ち込み、ヴィシュヌ派バクタとして活動しました。
彼の特徴は、異教徒やアウトカーストも弟子にしたこと、沐浴のような形式的な行為を否定したことです。


カビールは、1440頃、バナーラスに生まれました。
ナート派からイスラム教に改修した親に育てられ、ラーマーナンダの弟子になりました。
そして、在家の宗教詩人として活躍しました。


彼は、はっきりと、イスラム教とヒンドゥー教の統合を目指しました。
その普遍主義的な観点から、両宗教を批判し、両宗教の儀礼を否定し、聖典の不要を訴えました。
あらゆる形式的なもの、寺院も礼拝堂も、沐浴も巡礼も不要だと訴えました。


彼の思想の特徴は、神の唯一性、内在性です。
そして、どのような名でも良いから神の名を唱えること(ズィクル)を説きました。


彼の思想は、直弟子のバグワーン・ダースによる「ビージャク」や、シク教聖典の「アーディ=グラント」に記されています。
シク教は、先駆者としてカビールを大きく評価しています。



<ナーナク>


グル・ナーナク(1469-1538)は、パンジャーブ地方のラホール近くの村に生まれました。
幼い頃からイスラム教とヒンドゥー教の両教に接して育ち、30歳の時に神秘体験によって開眼しました。
その後、インド、ペルシャ、アラビアを回る25年の巡礼に出かけます。
この途中、カビールに会ったという伝説がありますが、確実な証拠はありません。
また、多くのスーフィーと交渉を持ちました。
その後、カタルプールで教えを説き始め、シク教が誕生します。


ナーナクの思想は、カビールとほとんど同じです。
普遍主義と、神秘主義的な内的体験重視の観点から、イスラム教、ヒンドゥー教の統合を目指しました。
そして、人類の同朋性、男女平等を説きました。
また、在家主義という点も、カビールと同じです。


彼の思想は、「ヒンドゥーでもなければ、ムスリムでもなく、唯一の神のみ」という言葉に表れされています。


彼も、儀礼や巡礼のような形式的な行為を否定します。
聖典は否定しませんでしたが、神の代弁者のグルの言葉を信じるようにと訴えました。
そして、心の中に内在する神との合一体験を重視し、神への帰依(バクティ)、神の名を繰り返して唱えるズィクルを説きました。


おそらく輪廻とカルマを信じていましたが、来世の救済は神の御業なので、そのことを考えず、今この世の一瞬一瞬を主体的に生きることを説きました。


シク教に至る神秘主義的なイスラム教とヒンドゥー教の統合は、「カーラチャクラ・タントラ」やイスマーイール・パミール派のような、イラン系神智学とインド神智学を統合した派とは正反対のベクトルを持っています。
民衆に親しみやすいシンプルな教義と実践が特徴で、むしろ、神智学的を不要としています。


nice!(0)  コメント(0) 
前の3件 | -