So-net無料ブログ作成

シャクティ教シュリー・クラ派 [中世インド]

シュリー・クラ派は、シャクティ教の中で、最も古くその思想を体系化した派です。

シュリー・クラ派は、「シャクティ」から展開した次の4側面のそれぞれが照応すると考えます。

・「対象からなるもの」  :36原理から展開されたマクロコスモス(世界)
・「語からなるもの」   :「最高の語」からの次の4段階で展開された言葉
・「チャクラからなるもの」:シュリー・チャクラなどのヤントラ
・「身体からなるもの」  :チャクラ、クンダリニーからなる人間の身体 
 
「語からなるもの」は、「最高の語」<「世界の青写真」<「展開中の不分明な世界」<「分節化された世界」という言語の4階層からなります。
ヴェーダーンタ哲学のバルトリハリの言語神秘主義哲学の影響を感じます。

この派の宇宙創造論として、2種類を紹介します。
まず、おそらく古いと思われるもの(下記表B)です。

最初に、ア字で象徴される「シヴァ」と、ハ字で象徴される「シャクティ」がいます。
次に、質料である「ビンドゥ」、音・言葉である「ナーダ」の2つ(この2つは一体で「複合ビンドゥ」とも呼ばれます)、そして、「白い男性の心滴」、「赤い女性の心滴」が生まれます。
この4者が合体して、「カーマ・カラー」という愛の力が生まれます。
これが、主神の「トリプラスンダリー」、あるいは「ラリター」です。

この女神は、「シヴァ」と「シャクティ」の合体であり、個性を持った存在で、「個我」はこの女神から生まれ、実体として展開されます。

次に、より精密な、36原理の展開による宇宙創造論(下記表A)です。
これは、タントラの他派と同様に、サーンキヤ哲学の25原理の上に、有神論的な原理を置くものです。

まず、「シヴァ」と「シャクティ」の一体の存在があります。
そこから、「永遠のシヴァ」、「限定されない能力」、「限定されない知」の3原理が生まれます。
次に、「物質創造原理(マーヤー)」、「限定された能力(カラー)」、「限定された知(ヴィディヤー)」の3原理が生まれます。
次に、「特定の対象に対する執着(ラーガ)」、「時間(カーラ)」、「特定の業の影響を被る被限定者性(ニヤティ)」の3原理が生まれます。

以上で11原理です。
次の展開は、ほぼサーンキヤ25原理と同じです。

シュリー・クラ派の実践としては、
・シヴァのひざに乗った女神の観想
・チャクラ・プージャー(「シュリー・チャクラ」などのヤントラを利用した女神の供養の儀礼)
・教義の学習
などがあります。


宇宙論の階層A 宇宙論の階層B
シヴァ/シャクティ シヴァ/シャクティ
永遠のシヴァ
限定されない能力
限定されない知
ビンドゥ
ナーダ
マーヤー
カラー
ヴィディヤー
白い男性の心滴
赤い女性の心滴
ラーガ
カーラ
ニヤティ
トリプラスンダリー
(カーマカラー)
サーンキヤ哲学25原理 サーンキヤ哲学25原理

nice!(0)  コメント(0) 

シヴァ教カシミール派 [中世インド]

8-9Cのヴァスグプタによる「シヴァ・スートラ」に始まるのがシヴァ教の「カシミール・シヴァ派」です。
カシミールは、古来シヴァ信仰が盛んな地です。

カシミール派には、さらに次の2つの分派があります。
「振動派(スパンダ・シャーストラ)」は、上述したヴァスグプタの流れを組む派で、シヴァは自らの意志だけで創造を行うとします。
「再認識派(プラトヤビジュニャーナ・シャーストラ)」は、「シヴァ・ドリシュティ」を著したソーマーナンダに始まる分派で、アビナヴァグプタを代表的な思想家とします。

カシミール派の思想は以下の通りです。

カシミール派は、本来二元論的なシヴァ派の伝統的な聖典の「アーガマ」を、シャンカラの影響を受けて一元論的に解釈します。

「最高シヴァ」が、自由意志で「創造」、「維持」「帰滅」、「隠蔽」、「恩寵」という5つの働きを行うとしますが、これは「シャイヴァ・シッダーンタ」と同じです。

また、「最高シヴァ」と「個我」の同一性の知識が解脱であり、それがないことが束縛であること、「最高シヴァ」が、「個我」を救うために世界を創造し、「汚れ(マラ)」が弱まった時点で、グルの姿となったシヴァの恩寵によって儀礼(解脱を与えるディークシャー)を行なって取り除くとします。

カシミール派も「恩寵」を重視しますが、「無知」も含めて、その除去(宇宙創造)の全体は、「最高シヴァ」の「遊戯」であるとも表現されます。

カシミール派は、一元論的な「最高シヴァ」から、「パティ(主)」=シヴァ、「パシュ(家畜)」=個我と現象世界、「パーシャ(縄)」=6つの覆い、という3実体、細かくは36原理を、実体として展開します。

カシミール派の宇宙創造論は、有神論的な原理をサーンキヤ哲学の25原理の上に置くという点で、ヴィシュヌ教の「パーンチャラート派」と同じです。

まず、「最高シヴァ」は、まず、純粋観察者で、静的で、光輝である「シヴァ」と、自己反省を本質して、動的で、世界を生む「シャクティ」が一体なる状態に展開します。

次に、そこから「永遠のシヴァ(死体が象徴)」、「主宰神」、「清浄な知」という3原理を生み出します。

次に、「6つの覆い(カンチュカ)」と呼ばれる、原物質の「マーヤー」と「5つのパーシャ」を生み出します。
「5つのパーシャ」は、「ニヤティ(被限定者)」、「カーラ(時間)」、「カーマ(執着)」、「ヴィディヤー(限定された知)」、「カラー(限定された能力)」です。

以上は、「清浄な道」と呼ばれる段階ですが、「6つの覆い」が、以下に展開されるサーンキヤ哲学の「25原理」を制限します。
ですから、「プルシャ」も、純粋な観察者ではなく、制限された行為の主体でしかありません。


実践においては、ヨガは「内的供養」、儀式は「外的供養」と表現されますが、前者が後者の前提となります。
「内的供養」は、マントラを身体に置いていく「ニヤーサ」による自己神化を本質とします。
マントラはエネルギーの人格化であり、神格そのものであると考えます。

「内的供養」では、観想とマントラを唱えながら、指先で自分の身体の各部分に、対応する神のマントラを置いていきます。
足先から順番に、36原理を上昇していくのです。

上昇による自己神化で終わらず、その後に下降がありますが、これの過程は、「清い原理の創造」と呼ばれます。

救済のプロセスは、まず、シヴァの自由意志による「恩寵の降下(シャクティパータ)」があります。
これによって、シヴァへのバクティ(信愛)の念が起こります。
そして、「ディークシャー(儀式)」を受けたいという気持ちが生じます。
そして、自身がシヴァであることを思い出して(再認識)、解脱に至ります。

この「再認識」は、「恋にこがれる美人」に喩えられます。



宇宙論の階層
最高シヴァ/シャクティ
永遠のシヴァ/主宰神/清浄な知
マーヤー、5つのパーシャ
サーンキヤ哲学25原理

nice!(0)  コメント(0) 

シャイヴァ・シッダーンタ(聖典シヴァ派) [中世インド]

「シャイヴァ・シッダーンタ(聖典シヴァ派)」は、8Cにカシミールで、パーシュパタ派を母胎として徐々に成立しました。
派の名前は、「確立されたシヴァ教の教え」という意味です。
シヴァ聖典を解釈する学派のような存在です。

カシミールを中心としたサンスクリット語を使う「サンスクリット・シャイヴァ・シッダーンタ」と、南インドのタミル語を使う「タミル・シャイヴァ・シッダーンタ」があります。

タミルには10Cに伝来し、チョーラ朝と結びついて発展しました。
聖典は12Cからタミル語で書かれるようになり、タミルに特徴的なバクティ思想の影響を受けながら、多様に展開しました。
タミルの「シャイヴァ・シッダーンタ」の初期の重要な人物は、メイカンダールです。

「シャイヴァ・シッダーンタ」の思想は次のようなものです。

存在を、「パティ(主)」である最高神のシヴァ、「パシュ(家畜)」である「個我」(本来はシヴァと一体)、そして、「パーシャ(縄)」である「個我」をシヴァから離し制限する覆い、3つに分けることは、パーシュパタ派を継承しています。

「パーシャ」には、「個我」の根源的な汚れ「マラ」、原物質・質料因の「マーヤー」、「カルマ(業)」があることも同じです。


「最高シヴァ(パラマ・シヴァ)」は妃の「シャクティ」と一体の存在で、「個我」を救済するために「創造」、「維持」、「帰滅」、「隠蔽」、「恩寵」という5つの働きを行います。

「シヴァ」は「シャクティ」を通して「マーヤー」に働きかけて世界創造を行います。
「マーヤー」は神自身のエネルギー(シャクティ)ではなく、「ビンドゥ」から発生したものです。
この考え方は、「シヴァ」の純粋性を保持するものであり、二元論的な思想です。


「個我」の汚れが弱まった時点で、シヴァが人間のグルの姿で現れて、「ディークシャー(儀式)」を行なって、「個我」の汚れを切り離します。
これによって、死の際に解脱をします。

「個我」は、「シヴァ」の「恩寵」を契機として、自身と同一の「シヴァ」の本質を理解して、救済されます。
ですから、「恩寵」と善行(徳目)を重視し、儀礼やヨガは重視しません。

nice!(0)  コメント(0)