So-net無料ブログ作成
古代ギリシャ ブログトップ
- | 次の10件

至高存在と根源の探究 [古代ギリシャ]

ミレトスの哲学者は、自然の中に絶対的な一なる神を見い出して、自然とこの至高存在を、一体の生きた霊的存在であると見なしました。
つまり、神は自然に内在しつつ超越する存在で、神は自然を生み出して、やがて自然がそこに帰るべき存在なのです。
このように、自然を神と考えたり、非人格的な唯一の絶対的存在を見い出す発想も、また、そういった神を直感するような神秘的体験を公に表現する姿勢も、オリンポスの宗教にはありませんでした。
 
ミレトスに始まる初期ギリシャ哲学のテーマは、よく世界の根源の探究として語られます。
これは「世界を作る根源的な素材は何か」という問ですが、それを越えて「世界の第一の原因である至高の神の本質は何か」という問でもあるのです。
 
最初の哲学者と呼ばれるタレスは「水」、アナクシメネスは「空気」、ミレトスより北にあるエフェソスのヘラクレイトスは「火」が世界の根源だと考えました。
これらは我々が良く知っている物質そのものではなくて、4大元素として知られる象徴的に捉えられる抽象的な素材を指しています。
これらを世界の根源と考える発想には、神話とのつながりも感じます。
つまり、「水」は「原初の水」、「空気」は「空虚・天空」、「火」は「光・太陽神」といった神話で語られるの存在を抽象的に解釈したものかもしれません。
「火」を根源と考える発想には、ゾロアスター教の影響があるかもしれません。
 
また、アナクシマンドロスは4大元素が作られる素材である「無限定なもの」が世界の根源だとしました。
これはズルワン主義のアイテールに近い存在でしょうが、神話的には「混沌」とのつながりも感じます。
 
神話で語られるこういった存在が、単なる素材でなく高い存在として解釈されていったように、哲学者の語る元素も、単なる素材以上の高い存在を表現していたのかもしれません。
 
南イタリアのエレアのクセノファネスの考える至高存在は「一即全(ヘン・カイ・パン)」という言葉に表わされます。
これは至高存在を「一なるもの」として捉えて、これがすべての自然を生み出してそれに内在しつつ超越することを、明確に表現しています。
 
同じエレアのパルメニデスの考える至高存在は、「存在=思考」として表わされます。
彼は至高存在を「存在」と表現しました。逆に言えば、存在の名に値するのは究極の神的存在だけで、他のすべてのものは幻のようなものなのです。
つまり、「一即全」の「一」だけを認めたのです。
これはインド思想と似ています。
そしてこの「存在」は「思考する」知的な存在なのです。
ですが、存在するものは自分だけなので、必然的に「自分自身を思考する」存在なのです。
つまり、霊的で直観的な意識存在なのです。
また、パルメニデスにとっての至高存在は球体の「不動」な存在です。
これは、ヘラクレイトスが世界を「生成運動」として捉えて、至高存在をその極限と考えたことと対照的です。
 
イオニア近辺からギリシャ本土のアテナイに最初に哲学を持ち込んだアナクサゴラスは、「ヌース」を根源的な存在と考えました。
「ヌース」は常にあらゆるところに存在して、魂を支配し、天体の運動を秩序づける存在です。
「ヌース」は「精神」、「知性」、「英知」、「意志」などの意味を持っていますが、このブログでは「霊的直観/霊的知性」と訳しています。
「ヌース」はプラトン以降、カント以前の哲学の中で、魂や理性的思考より上位に存在する重要な存在と考えられるようになりました。

 


ソクラテス以前の哲学 [古代ギリシャ]

この節では、アナクシマンドロス、パルメニデス、ピタゴラスから、プラトン、アリストテレスに至るギリシャ哲学を取り上げます。
ギリシャ哲学の主流、特にソクラテス以前としてくくられる哲学やプラトン哲学は、少なくとも、間接的には主にペルシャやバビロニアの神智学や秘儀宗教の影響を受けた神秘主義的傾向が強い思想です。

ソクラテス以前としてくくられる初期のギリシャ文化圏の哲学者の思想は、断片的にしか残されていないので、その思想をはっきりと知ることはできません。
ですが、その断片には明確に神秘主義的な性質が現わされていることを感じることができます。
彼らは社会的な活動家でしたが、予言者のように語り、何人かは詩の形で思想を残しています。

ギリシャの哲学はオリンポスの宗教を生んだのと同じギリシャの植民地である現在のトルコのイオニア地方のミレトスで、-6C頃に生まれました。
ミレトスはペルシャ帝国と接した東西世界中継点で、地中海貿易の拠点でした。
商業の発達によって様々な世界観が交流し、旧来のギリシャの世界観やオリンポスの神々への信仰が滅びていきました。

オリンポスの宗教は素朴な多神教の世界で、神々は不死であるという点を除けば、性格的にはほとんど人間と変わらないような神々でした。
そして、人間も神々も運命の女神である「モイラ」によって支配され、自分自身の「身分をわきまえて」生きなければなりませんでした。
ミレトスではこのような世界観が信じられなくなったのです。

これに対して、ペルシャやバビロニアには高度に体系化された世界宗教と宇宙論がありました。
具体的にはマゴス神官と呼ばれる神官が一番身近な存在だったと思われます。
彼らの思想はイラン系のメディア人の宗教と、バビロニアの宇宙論(占星学)、そしてゾロアスター教が習合したものでした。
ギリシャの哲学者はそれらの影響を受けて、それらに抽象的な表現を与えたのです。
哲学的な思考はミレトスからその周辺へ、イオニア人がペルシャの侵攻を逃れてトルコから移住した南イタリアへ、そしてギリシャ本土へと広がっていきました。
 
ギリシャ哲学への具体的なオリエントからの影響は次のようなものです。
アナクシマンドロス、ヘラクレイスト、エンペドクレスらは「4大元素によって構成される宇宙が周期的に生滅を繰り返す」というバビロニア的、ズルワン主義的な宇宙論を受け入れました。
一方、オルペウス派とその流れにあったピタゴラス、エンペドクレス、プラトンは、おそらくインドから輪廻思想を受け入れました。
ただ、ゾロアスター教の悪神や終末論の影響はほとんど受け入れませんでした。
 
次の4つの項で、原子論以外の「ソクラテス以前の哲学」を紹介しましょう。


- | 次の10件 古代ギリシャ ブログトップ