So-net無料ブログ作成

道教の成立 [中国]

「道教」は、道家思想、神仙術(煉丹術・養生術)、陰陽五行説、方術、符咒、巫術、民間信仰、それに、禅などの仏教、儒教、ミトラ教(明教)、弥勒信仰などが習合したものです。

「道教」という言葉は、広い意味では儒教以外の中国民間信仰のすべての総称として使います。
これに対して、開祖がいて、特定の教義や教団を持つ道教を、「成立道教」と言います。

「成立道教」につながる経典には、体内神の存思(観想法)などを説いた「太平経」、「周易参同契」、煉丹術や養生術を説いた「黄庭経」、「抱朴子」などがあります。

「成立道教」は、後漢時代から南北朝時代(2-4C)に、神仙道と道家思想の影響を受けた生まれました。
具体的には、「太平道」、「五斗米道」、「葛氏道(霊宝派)」、「上清派(茅山派)」などです。
これらの道教はいずれも民間の多神教的・呪術的な信仰を否定する宗教です。
そして、「五斗米道」を中心としながら他の教派の思想すべてを統合し、自らを「道教」と名乗ったのが5Cに生まれた「天師道」です。

ですから、最も狭い意味での道教はこの「天師道」とその影響で生まれた教派だけを指します。
これらの道教が当初に至高神、つまり、道家思想の「道」の神格存在と考えていたのは「太上大道」です。

ちなみに、「太平道」、「五斗米道」は、懺悔を行い、神々に体内神を使者として送る「呪鬼法」による病気治療を重視しました。
「葛氏道(霊宝派)」は、葛洪「抱朴子」を継承し、錬丹術、特に外丹法と房中術を重視しました。
「上清派(茅山派)」は、「黄庭経」を継承し、観想法である「存思法」と仏教から取り入れた終末論を重視しました。

葛氏道は5Cに新たに、至高存在を3つの次元で考える「三尊説」を唱えました。
第1の神格が「元始天尊」、第2の神格が「太上道君」、第3が老子を神格化した「太上老君」です。
この後、道教の代表的な至高神は「太上大道」から「元始天尊」となりました。

天師道は北魏時代に寇謙之によって洗練されて、貴族階級の支持を得ました。
また、東晋から南朝時代に陸修静によって体系化して確立されたました。
彼は様々な道教の経典を分類して取り入れ、後に『道蔵』で行われた「三洞四輔十二類」という分類の基礎を作りました。

そして、以下のような神話を語ります。
宇宙の始めの3つの気「玄気/元気/始気」から生まれた「玄妙玉女」の左脇から「太上老君」が生まれ、「太上老君」がこの世界を創造しました。
「太上老君」は春秋戦国時代に老子として現れて道家思想を説き、後漢時代に五斗米道の開祖、張陵に教説を伝えました。
またこの時、世界の統治者が六天から「三天(清微天/禹余天/大赤天)」に変わったことを伝えました。

三天は「太上大道」の3つの現れであり、神格でありその居場所であって、「三尊説」のような垂直的な構造ではなく水平的な存在です。
また、三気は陰・陽・冲の3気とは違って、これらを生み出す元になるものです。

この「三気・三天」の説は上清派から取り入れたものです。
これは中国オリジナルな思想かもしれませんが、ひょっとしたらインド・サーンキア哲学の「3グナ(サットヴァ/ラジャス/タマス)」説の影響があるかもしれません。
ちなみに宋時代以降はさらに体系化が進んで、一気である「妙一」から「三元」が生まれ、これから三気と三天、三清、三宝君が生まれるとい説くようになりました。

天師道では「太上老君」は三天を補佐する存在で、三天より低い神格です。
ですが、「太上老君」を至高存在として考えることもありました。
つまり、天師道は、仏教が至高の真理そのものである仏陀が説いた教えであることと同様に、道教は至高の真理そのものである道=太上老君=老子が説いた教えであるとしたのです。

ちなみに、宋時代以降には道教は「玉皇大帝」という神格が重要視されるようになりました。
「玉皇大帝」は本来は三尊よりも下位の神格で、宇宙を司り、人間を審判する神です。

道教の生死観では、人間は生後に自らが行う悪行によって鬼神が人間の寿命を縮めて死ぬと考えます。
ですから、人間が死ぬと全員が地獄に生きます。
逆に、善行のみを行い、鬼神を遠ざければ不老長寿を達成されるのです。

道教の終末論は以下のようなものです。
宇宙は定期的に生滅を繰り返します。
そして、近い将来、大災害によって悪人は死に絶え、善人は神仙境で災害を逃れて生き残り、新たな太平の世界で救世主である金闕聖後帝君にまみえることができるのです。

この生滅宇宙論と終末論は、仏教よりもズルワン主義やマニ教の終末論に近いように思えます。

天師道では、仏教の宇宙論の影響を受けて独自の宇宙論を生み出しました。
これは、仏教の欲界・色界・無色界の28天の上に、8天を加えた32天からなります。
その8天は、最上天が元始天尊のいる「大羅天」、次が三天の神格である「天宝君/霊宝君/神宝君」が住む「三清境(玉清境/上清境/太清境)」、次が不死の神仙が終末を待つ4つの「種民天」です。

一方、上清派では、陸修静の孫弟子に当たる陶弘景(5-6C)が、道教(神仙)思想の体系化を行い、下記の表のように、天地と神を7階層化してました。

(道教の神の階層)
(天師道33天宇宙論)
 
(上清派の7階層宇宙論)
元始天尊(太上大道)=無
大羅天
元始天尊と29神
太上道君=妙一
王晨玄皇大道君と104神
三天・三宝君=三元・三気
三清境(3天)
金闕帝君と84神
太上老君
種民4天
太上老君と174神
金闕聖後帝君
無色界4天
九宮尚書と36神
玉皇大帝
色界18天
(地上)中茅君と173神
欲界6天
(地獄)北陰大帝と88鬼

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。