So-net無料ブログ作成
検索選択

ヒンドゥー教神智学の空間論 [古代・中世インド]

宇宙の具体的な階層構造に関して、詳細な宇宙論を述べている「ヴィシュヌ・プラーナ」の宇宙論を紹介しましょう。
ここにも、オリエントの宇宙論の影響が感じられます。


まず、ヴィシュヌ神が7層の世界を生み出します。
これは上から「プラクリティ」、ブッディに相当する「大いなもの」、アハンカーラに相当する「元素の根源」、そして5大元素です。地の層は宇宙卵になります。
この宇宙卵は多数存在します。

宇宙卵の中の宇宙は大きく分けて7層に分けられます。
上にはまず、神々の住む4つの天上世界があります。そして、次に天界(スヴァル・ロカ)、空界(ブヴァル・ロカ)、地界(ブール・ロカ)です。天界(天球)は10層で構成されています。
上から順に「北極星/大熊座(7聖仙)/土星/木星/火星/金星/水星/星宿(オリエントの12宮に相当するもの)/月/太陽」です。空界はオリエントの月下界に相当する天球の下の空間です。地界は地上、地下、地獄を含みます。

また、地上の中心には「メール山」と呼ばれる巨大な黄金の山があります。
メール山の山頂にはブラフマー神の大宮殿があり、その八方には神々がいて世界を守護しています。
メール山の周辺には巨大な「ジャンプ樹」が生えていて、その果実からは不死の霊液を流れます。また、ブラフマー神の宮殿からガンジス川が四方に向かって流れていきます。
人間(インド人)が住んでいるのは「メール山」の南方の国で、唯一楽園ではない場所です。

これらはシャーマニズム神話の普遍的な要素です。
ですが、「世界山」や「世界樹」は古代ペルシャの宇宙論にもありますから、古代アーリア以来伝えられていたものか、後世にペルシャから伝わったものかもしれません。
 

(プラーナの宇宙論)
プラクリティ
大いなるもの(ブッディ)
元素の初源(アハンカーラ)
エーテル
---------
地(宇宙卵)
4天上界
天界
(北極星/大熊座/土星/
木星/火星/金星/
水星/星宿/月/太陽)
空界
地界
(地上/地下/地獄)

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。