So-net無料ブログ作成

12イマーム派と隠れイマーム [イスラム教]

シーア派もイマームの後継者争いなどによって多数の分派を生み出しました。
シーア派はイスラム教の秘教ですが、中でもより神秘主義的な傾向のある分派は「スーパー・シーア派」と呼ばれます。
その中でも思想的・政治的に過激な分派は「グラート」と呼ばれます。

(イスラム教の諸派)
 スンニ派
シーア派
 ザイード派
 12イマーム(イマーム)派
 スーパー・シーア諸派
 イスマーイール
 (7イマーム)諸派
 ムスターリ派(ホジャ派・西方派)
 タイイブ派(ボフラ派・西方派)
 ニザール派(東方派)
 グラート諸派
 ドゥルーズ派
 アラウィー派(ヌサイリー派)


シーア派の中でも最大の分派は、7代目の後継者争いによって生まれた「12イマーム派」と「イスマーイール派(7イマーム派)」です。
もちろん、「12」は12星座と、「7」は7惑星と対応しています。

12イマーム派はかつては少数派でしたが、ブワイフ朝、サファビー朝を興し、現在はイランの国教になっている他、イラク、レバノンにも勢力を持っています。
より秘教的なイスマーイール派は10世紀エジプトのファーティマ朝を興し、現在はイラン、インドで少数派として存在します。

12イマーム派では、3代イマームのフサインの殉教を、信者の罪をつぐなう贖罪死であると考えました。
原罪をつぐなうイエスの贖罪死とは異なりますが、贖罪死のイスラム教版神話です。

また、12イマーム派ではイマームは地上では12代で跡絶えてしまいます。
この12人のイマームは単に歴史的な存在ではなくて、神的次元に原初から存在するものと考えられました。
12人のイマームはムハンマドだけでなく、すべての預言者に存在します。
イエスの12使徒などがこれに当たります。

12代目のイマーム以降、イマームは霊的な次元に留まり、そこから地上にいる霊的指導者たちに霊感を与え、終末に「時の主」、アフ・マフディーとして地上に戻ってくると考えられました。
この霊的な次元に留まるイマームを「隠れイマーム」と呼びます。
ムハンマドが預言者の系譜を封印したように、12代イマームがイマームの系譜を封印したのです。

「隠れイマーム」に至って、イマームは物質的には存在しない純粋に霊的な存在となりました。
「隠れイマーム」あるいは本来の霊的な次元のイマームという考え方には、マズダ教でゾロアスターが死後に霊的な世界で救世主を準備するという考え方や、ミスラ教でミスラが太陽から指導するという考え、そして、グノーシス主義の霊的なキリスト論の影響があると思います。
また、イマームは人間を真理に導く「門(バーブ)」だと考えられました。

12イマーム派は肉体的な感性や、精神的な理性とその延長である霊的な知性とは別の、魂に属する「想像的知覚(想像的知性)」を重視しました。
ですが、これは単に物質世界を写したイメージや個人的な幻想ではなくて、預言的なヴィジョンの奥義に関わる霊的で象徴的な実在です。
肉体的な5感から切り離された霊的な5感によって認識されるものなのです。

そして、この認識によって秘儀伝授に関わる象徴的物語が生まれるのです。
啓示宗教のイスラム教が預言に関わる想像的知覚(霊的表象能力)を重視するのは当然です。
プラトンからイアンブリコスに至るまでのギリシャ系哲学でも予言に関わる想像力を重視します。
シーア派では預言者の預言に対するイマームの預言の内実として、この想像力を深く理解しようとする点で興味深いものです。
現代ではこの原型的で自由な想像力は「創造的創造力」と呼ばれますが、本ブログでは「根源的イメージ」と呼びます。
 


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。