So-net無料ブログ作成
検索選択

セフィロート神秘主義 [古代ユダヤ・キリスト教]

メルカーバー神秘主義がヴィジョンと聖書と終末論を重視したのに対して、理論と神智学と宇宙創成論を重視したユダヤの神秘主義思想が「セフィロート神秘主義」です。
この思想はヘレニズム、アレキサンドリアの神智学に大きな影響を受けて生まれたもので、3世紀頃に書かれた「創造の書(セフィル・イエッツラー)」という書に集約されています。

「創造の書」は1から10までの「セフィロート(数)」と、ユダヤ語の22の「アルファベット」、そして「境界」を宇宙を構成する基本的な要素と考えました。
メルカーバー神秘主義が天使を問題にしたのに対して、これらを数と文字に置き換えたのです。
数の神秘思想にはピタゴラス主義や新プラトン主義の影響があり、文字の神秘思想にはバビロニア(ズルワン主義?)やエジプト(ヘルメス主義?)の影響があるようです。
ただ、バビロニアやエジプトの文字の神秘主義は現在まで伝わっていません。

「創造の書」による宇宙生成論では、宇宙はまず神の世界のレベルで行なわれ、次に物質のレベルで行なわれます。
セフィロートなどの基本的な要素は、神の世界のレベルで生まれます。
まず、空間が3つの次元とその鏡像反射された6つの方向によって封印、構成されます。
また、10のセフィロートの中心には、「発声器官のような、裸体のような統合の契約」があります。
これについてはほとんど謎ですが、セフィロートなどを生み出す、あるいは働かせる根源的な存在でしょう。

「創造の書」が最も重視した10のセフィロートは、階層的な性質は少なくて、「4大元素(霊気、火、空気、水)」と「6方向(上下と東西南北)」を表わしていました。
また、グノーシス主義のアイオーンが男女対になっているように、5つずつが対になっていました。

22のアルファベットは、3つの「母字」、7つの「重複文字」、12の「単純文字」に分類されました。
これらは階層的な構造をなします。

3つの母字は2大原理(男性・女性、天・地、火・水)とそこから派生する3大元素(火・水・空気)に対応します。

7つの重複文字は抽象的な7つの言葉(生命・平和・知恵・富・優雅・種子・王権)に対応し、また、6方向と中央、7惑星にも対応します。

12の単純文字は12の人間の行動や能力に対応し、また、6方向の頂点で作られる正8面体の辺、12宮、12の臓器に対応します。
単純文字の中のY、H、Wは上に書いた3つの方向に対応します。
また、この3つの単純文字は神の名前YHWHを構成します。
ただし、この神の名前の本当の発音は、ソロモンの神殿の年に1度の祭儀の際に最高位の神官一人が発音していたのですが、やがて忘れ去られました。

また、アルファベットはそれぞれが特定の数値を持ち、その数値の合計が同じ単語は象徴的に同じ意味を持つものとして入れ替えが可能とされました。
また、アルファベットは10のフィロートの間をつなぐものとも考えました。

「創造の書」は後世のカバラのほとんどの要素を含んでいますが、カバラがその体系の中心に置いた「生命の樹」と呼ばれる図はまだ生まれていなかったようです。

神の世界
10のセフィロート
4大元素+6方向
22のアルファベット
3母音
2大原理+元素
7重複文字
7つの言葉・7惑星
12単純文字
12能力+12宮
境界
 
物質世界
 

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。