So-net無料ブログ作成
検索選択

プロティノスの流出 [ヘレニズム・ローマ]

プロティノスの第2の特徴は、世界が至高存在から段階的に順次一つ下位の存在が上の存在から生み出されるという世界観を、初めて哲学的に体系化したことです。
この世界観はアレキサンドリア思想の特徴でもあります。

プラトンは日常意識から至高意識へと至る神秘体験の上昇のプロセスのみを、霊魂の復帰として語りました。
プロティノスはこれに加えて、至高意識から日常意識へという神秘体験の下降のプロセスを、宇宙生成の諸段階として語り、形而上学的に哲学化したのです。
これはプラトンやアリストテレスが「思索」の結果、宇宙の階層性を形・性質の実現度や普遍性の度合として語ったのとはまったく異なります。

そして、プロティノスは、至高存在である一者が世界を生み出すことを、泉から水が自然に溢れることに喩えて「流出(発出)」と表現しました。
ですから、一者とすべての世界は一体で連続しています。無である一者はその充填する性質から自然に無目的に流出を起こし、無限的な存在からしだいに限定されて宇宙が形成されていきます。
そして、一者は世界に内在して、また逆に、世界の一切は一者を憧れて観照することによってそこに「帰還」します。

ですが、この流出は過去のできごとではなくて、帰還も未来のできごとではありません。
流出と帰還は無時間的に常に起こっているのです。
つまり、プロティノスの宇宙論にはゾロアスター教のような直線的な時間も、ズルワン主義のような循環する時間もなく、宇宙は永遠に存在し続けるのです。

一者は流出による創造を行なっても、一切、不変不動です。
また、一者は下位の存在には無関心です。
これはキリスト教の神が愛(恩恵)によって積極的に下位の存在に関わることと対照的です。
一者に限らず、流出による創造は2段階で行われます。

まず、素材として生み出され、次にその素材が自ら上の存在を振り返ることで形作られます。
この形作られることが「帰還」なのです。
ですから、素材はそれぞれの段階にあって階層性があることになります。

また、流出されたものは上位の存在の似像です。
そして、生み出された形成された存在は上位の存在を見ることだけで、さらに下位の存在を生み出します。
下位の存在は創造力の点で上位の存在に劣り、最下位の存在である「質料」は何も生まないので、したがって「悪」だとされます。

プロティノスによれば一者からの創造は自然なもので、また、人間の魂が物質界へ下ることも、罪によって堕落した結果ではなくて必然的な過程だとされます。
ですが、魂がヌースに向かわずに身体に縛られてしまうことは悪です。
プロティノスは「魂が父を忘却したのは、最初の差別を立てて、自分を自分だけのものにしようと欲したから」と書いています。
魂は物質界に下ることによって、物質界の不完全さ、ヌースの世界の完全性を認識することができるようになります。
そして、人間は全自然が一者を憧れ目指すことの代表者として、一者に帰還する観照体験によって全自然に満足を与える存在なのです。

 


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。