So-net無料ブログ作成
検索選択

ヘルメス主義 [ヘレニズム・ローマ]

ヘレニズム~ローマ期の地中海世界最大の文化都市だったエジプトのアレキサンドリアでは、ヘルメス=トート神による啓示という形で多くの文書、『ヘルメス文書』と総称される書が書かれました。
これらで語られる思想には雑多なものが含まれていますが、総称して「ヘルメス主義」と呼ばれます。
ヘルメス主義はプラトン主義、グノーシス主義、ズルワン主義など様々な思想の影響を受けたハイブリッドな思想です。

ヘルメス文書には「占星術」、「魔術(降神術)」、「錬金術」を内容としたものも含まれます。
これらはいずれもこのヘレニズムの普遍的な万物照応の宇宙論を共有した不可分な存在です。
「占星術」は上位の世界である星の世界の影響が、いかに地上に現われるかを扱っています。
「魔術」はより積極的に、天上的な力をコントロールして地上に降ろして作用させることを扱います。
そして、「錬金術」は自然の物質を化学的に進化させて、物質や霊魂を高めるためのものです。

第4章で紹介したヘルメス主義の『ポイマンドレース』の神話をもう一度読んでみてください。この項では第4章とは異なった神智学的観点から紹介しましょう。

ポイマンドレースでは、至高存存を父であり光である「霊的知性(ヌース)」と考えます。
これを「光が無数の力からなり、世界が無際限に広がり、火が甚だ強い力によって包まれ、力を受けつつ序列を保っている様」と表現しています。
ここには、至高存在を様々な度合の微細な生成運動として捉えるような発想があると思います。

原人間の「アントロポス」は、至高の父に等しいような神的存在で、その「似像」と表現されます。
至高の父はこの「似像」を愛します。

そして、そのアントロポスは地上の水に映った自分の「像」に愛着を抱いて堕落した結果、地上の人間の霊魂の運命が始まります。
アントロポスという「似像」にはヌース(ロゴス)が存在するのですが、地上の水の「似像」にはロゴスが存在しないのです。
ポイマンドレースの神話には、自分自身と自分のイメージ(自我)を取り違えるというテーマがありますが、そこには善悪2つの段階が区別されているのです。

このヌース=神の息子が「ロゴス」であるのに対して、神の「プーレー(意図)」という女性的存在(娘)が存在します。
「プーレー」は「知的」な存在と、盲目的な存在の中間の存在ではないでしょうか?
この「プーレー」から闇であり素材的存在である「フュシス(自然・本性)」が生まれます。
これも女性的存在で、「ロゴス」を受け入れて、「火・空気」の元素を生みますが、「水・土」の元素はロゴスを失って「質料」となります。

「水・土」にロゴス(形・性質)がないというのはプラトン/アリストテレスとは異なる考え方です。
「フュシス」と「質料」はともに「ロゴス=イデア」という形・性質を欠いたものであるにもかかわらず、2つを別の存在としています。
このように女性的・素材的原理に対する独自な考え方がポイマンドレースの特徴の一つです。

poimandres.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。