So-net無料ブログ作成
検索選択

ミスラの顕現と救済論 [古代バビロニア・ペルシャ]

ズルワン主義では、宇宙の一切はズルワンの現われです。
第1に、アナーヒターとミスラがズルワンの現われです。次に、宇宙とアフラ・マズダはアナーヒターとミスラの現われです。
そして、さらにミスラは何重にもわたって宇宙に現われて、宇宙を守護し、人間を救済します。
このミスラの現われを見てみましょう。


第1の次元のミスラは、まず、宇宙創造を行った存在です。プラトンがデミウルゴズと呼んだ存在です。
ミスラは宇宙創造後、最上層のアイテールに住みます。
この次元の2番目の現われは、霊的な生命の本質を宇宙に与える存在です。
つまり、アフラ・マズダを生み出しアフリマンを撃退した存在です。


第2の次元のミスラは、アフラ・マズダが殺害された後の宇宙を正しく導くために太陽に降りた存在です。
このミスラは「無敵の太陽」と呼ばれます。ミスラは地球に生命を与え、進化させるべく創造性を与えます。
また、地球で人間を導いた後に、ミスラはこの第2の次元の太陽に戻って「コスモクラトール(宇宙守護者)」と呼ばれる存在になります。
これが現在のミスラです。


第3の次元のミスラは、若く美しい姿で地球に降りて人間を生み出します。
このミスラは人間を導く存在です。
また、この次元のミスラは、白馬に乗って終末に救世主として現われます。
最終戦争でアフリマンの軍隊を撃退し、光のかけらをすべて救出します。
この未来のミスラをマニは「光の狩人」と呼びました。


第1の次元のミスラは、ユダヤ教に伝わって最高位の天使メタトロンとなりました。
また、第3の次元のミスラは、仏教に伝わってマイトレーヤ(弥勒菩薩)となりました。

(ミスラの現れ
両性具有のズルワン第1の次元:宇宙創造神=「大いなる建築師」
第1の次元:霊的生命の創造神
第2の次元:宇宙を主宰する太陽神=「無敵の太陽」、「コスモクラトール」
第3の次元:人間の創造神、指導神=「輝く人」
第3の次元:救世神=「光の狩人」

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。