So-net無料ブログ作成
検索選択

ゾロアスター教の宇宙論:空間 [古代バビロニア・ペルシャ]

最後に、ゾロアスター教のコスモロジーの空間構造についてです。

ゾロアスター教では3つの善が重視されます。正しい思い=「善思」、正しい言葉=「善語」、正しい行い=「善行」です。
これは宇宙論にも反映しています。宇宙は、天国、中間界、地上、地獄の4つから構成されます。
天国は、上から、アフラ・マズダの住む「光明界」、「善行界=太陽界」、「善語界=月界」、「善思界=星辰界」の4段階からなります。
地獄を同様に4段階からなります。

(ゾロアスター教の空間)
天国
光明界
善行界=太陽界
善語界=月界
善思界=星辰界
中間界
地上
地獄
悪思界
悪語界
悪行界
無限地獄


ゾロアスター教の神話では、現人間ガヤマルタンと聖なる牡牛がアフリマンに殺されて、それぞれから、人間・金属と穀物・薬草・動物達が生まれます。
また、終末にサオシャントによって牡牛が供犠にされ、人間はその脂と白ハオマ樹の混合した不死の霊液を飲んで不死になります。
ペルシャ神話では白ハオマ樹はペ生命の樹に当たり、天の牡牛スリソークの供犠とともに終末に人間を不死にします。
ゾロアスター教ではこういったペルシャ神話をベースにしながら新しい神話を作っています。
白ハオマ樹は霊的生命、聖なる牡牛は物質的・無意識的な豊穣性を象徴します。

ゾロアスター教の宇宙論の特徴は、一方向的な時間軸(物質的な宇宙の始まりと終わり)と厳格な善悪2元論が徹底されていることです。
そして、物質的な宇宙は悪を克服するためにアフラ・マズダによって作られたもので、物質のままで浄化されて完成して永遠にそのまま存在し続けることです。
ですから、ゾロアスター教には物質や現世に対する否定的な見方はありません。
宇宙の創造の順序は、まず、霊的に高い存在から物質的な存在へと下っていきますが、物質的存在に関しては鉱物から人間へと進化論的に昇っていきます。
また、ゾロアスターの誕生は宇宙浄化への転換点にあたります。 

ゾロアスター教の終末論や救世主、悪神(堕天使)の考えがユダヤ、キリスト、イスラム教に根本的な影響を与えたことはよく知られています。
他にも、ペルシャ系のミスラ教、マニ教、さらにギリシャ哲学、仏教、ヒンドゥー教、道教にも影響を与えました。

例えば、アフラ・マズダの「善」、「光」という性質、そして「目に見える世界と目に見えない世界の2元論」は、プラトンによって哲学化されました。
また、世界の理法アシャは、ギリシャではヘラクレイトスやストア派哲学、キリスト教の「ロゴス」となりました。

また、アフラ・マズダの「無限光」としての性質は、仏教の仏、「アミターバ(無量光仏=阿弥陀仏)」になりました。
また、善思・善語・善行の3徳は、密教の「3密(身・口・意)」に影響を与えたました。
密教では意・口・身の順で重視されて、これはアストラル体・エーテル体・肉体と神秘主義的な階層と対応しています。
これに対して、ゾロアスター教で行・語・思の順に重視されたことは、ゾロアスター教の現実的な性質を示しています。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: