So-net無料ブログ作成
検索選択

ゾロアスター教の宇宙論:パンテオン [古代バビロニア・ペルシャ]

 ゾロアスター教の神々や諸存在の位階についてはどうでしょう。

ゾロアスターはアフラ・マズダを「無限光」、「完全なる善」と形容しました。
アフラ・マズダは宇宙を作る際、階層的に高い存在から順に作りました。

まず、スプンタ・マンユを筆頭にする7大天使である「アムシャ・スプンタ」です。
これらは「聖霊(スプンタ・マンユ)」、「善思(ウォフ・マナフ)」、「正義(アシャ)」、「統治(クシャスラ)」、「敬虔(アールマティー)」、「完全(ハルクタート)」、「不滅(アムルタート)」という抽象的な性質を持っていて、一般に前4者が男性(中性)で後3者が女性の大天使です。

この中の「正義(アシャ)」は、善なる世界全体を貫く「理法」でもあって、重要な意味を持っていました。
中でも、ウォフ・マナフが長男(右座)、アールマティーが長女(左座)の位置で重視されました。

また、アムシャ・スプンタはインド・ヨーロッパ語族の3階層の神々をゾロアスターが抽象な性質を持った神格に置き換えたのだとも言われています。
つまり、ウォフ・マナフは「主権神」ミスラを、アシャは「主権神」アパム・ナパートを、クシャスラは「戦争神」ワユを、後2者が「豊穣神」を、アールマティーは3階層とは別の川女神アナーヒターを置き換えたものだと言われています。

ゾロアスター教の7アムシャ・スプンタ
スプンタ・マンユ
聖霊
← 天上主権神
ウォフ・マナフ
善思
← 天上主権神・ミスラ系
アシャ
正義
← 天上主権神・アパム・ナパート系
クシュラ
統治
← 天空戦争神・ワユ系
アールマティ
敬虔
← 川女神系
ハルクタート
完全
← 地上神・豊饒系
アムルタート
不滅
← 地上神・豊饒系

次が、神々である「ヤザタ」です。
そして、その次が守護霊「フラワシ」です。
フラワシは人間だけでなく、宇宙のすべての中に存在する霊的本質のようなものです。
フラワシによって宇宙は秩序と創造性を持って働きます。

ただ、最後に、物質的宇宙の存在そのものに関しては、低い存在から順に作りました。
つまり、鉱物から始めて植物、動物、として原人間と進化の順に作られ、最後に「火」に至りました。   

ゾロアスター教の人間を構成する階層
フラワシ
守護霊
ダナーエ
ルワン
バオダハ
心(アストラル体)
アフ
気の体(エーテル体)


「火」はアフラ・マズダの息子と呼ばれ、アシャの象徴であり、悪を浄化する存在として重視されました。終末に世界を浄化するのも「火」です。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: