So-net無料ブログ作成

ゾロアスター教の宇宙論:時間 [古代バビロニア・ペルシャ]

ゾロアスター教(マズダ教)の宇宙論(神智学的側面)を紹介します。
ただし、ゾロアスター教の聖典類が文字に記されたのは、ゾロアスターから1500年ほど後の6C頃になってからです。
ですから、その時点で、他の宗教や哲学からの影響も受けていると思われます。
また、その時点以降のゾロアスター教はマズダ教と言って間違いありません。

ちなみに、ゾロアスター教の神話は姉妹ブログ「神話と秘儀」の「ゾロアスター教とガヤ・マルタンの殺害」もご覧ください。

マズダ教によれば、ゾロアスターはアフラ・マズダ(オフルマズド)を至高神とし、アフラ・マズダが2神スプンタ・マンユとアンラ・マンユ(アフリマン)を生み出し、両者が自由意志で善と悪を選んだと考えました。
スプンタ・マンユはアフラ・マズダの積極的な側面であって、ほとんどアフラ・アズダと同一視されました。
そして、アフラ・マズダとアンラ・マンユは戦いを始めます。

宇宙(物質世界)はアフラ・マズダによってアンラ・マンユを閉じ込めるために作られた神聖なものです。
最初の3千年で目に見えない霊的世界(メーノーグ)で作られ、次の3千年で目に見える物質世界(ゲーティーグ)で作られました。
次の3千年は、アンラ・マンユが宇宙を攻撃して宇宙は汚されます。
原人間ガヤ・マルタン(ガヨーマルト)は殺害されて、その結果、人間が生まれます。

ですが、最後の3千年でアンラ・マンユはアフラ・マズダによって撃退されます。
この最後の3千年は、ゾロアスター誕生に始まって、千年ごとに処女懐胎で生まれたゾロアスターの子である3人の救世主「サオシャント」が現われます。
こうして、宇宙はゾロアスターの誕生を起点として徐々に浄化されていきます。

ただ、それぞれの1000年の間に関してしては、「黄金の時代」、「銀の時代」、「鋼の時代」、「鉄の時代」を経てゾロアスターの教えが徐々に失われて宇宙は悪化しますが、最後に聖王がそれを復活させます。
そして、最後のサオシャントが57年の神聖な統治を行った後、最終戦争によって悪は追放され、宇宙は誕生後1万2千年で浄化されて物質のままで完成します。

つまり、宇宙は悪を克服するために創造されて堕落させられた後、浄化されて完成するのです。


(ゾロアスター教の時間)

●目に見えない世界の創造期間
    ↓ 3000年
●目に見える世界の創造期間
    ↓ 3000年     
●アンラ・マンユによる宇宙の攻撃と宇宙への投獄の期間
    ↓ 3000年
●アンラ・マンユの撃退期
 ○ゾロアスター誕生  
    ↓ 1000年(黄金の時代~銀の時~鋼の時代~鉄の時代)
 ○第1のサオシャント
    ↓ 1000年(黄金の時代~銀の時~鋼の時代~鉄の時代)
 ○第2のサオシャント
    ↓ 1000年(黄金の時代~銀の時~鋼の時代~鉄の時代)
●第3のサオシャントによる統治
    ↓ 57年の
●最終戦争・最後の審判・神の国

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。