So-net無料ブログ作成
検索選択

序 [古代バビロニア・ペルシャ]

オリエント最初の巨大帝国はメディアとアケメネス朝に始まるペルシャ系の帝国です。
その後も中世にいたるまでいくつかのペルシャ系の帝国が繁栄しました。
ですから、ペルシャの宗教はイスラム教が生まれるまでのオリエント世界に大きな影響を与えました。

また、古代世界の首都であったバビロニアは、古代世界の共通の世界観となる階層的な宇宙論を生み出しました。
バビロニアではペルシャの宗教の影響を受けて、オリエント神智学の原型を生み出しました。
これはトルコの都市ミレトスやタルキス、エジプトの都市アレキサンドリアを通じて、ギリシャローマ世界にも大きな影響を与えました。
実際、ユダヤ、キリスト教とその神秘思想はペルシャの宗教とバビロニアの神智学からの強い影響を受けました。
また、ギリシャ、ヘレニズム、ローマ期の哲学も、オリエントを起源とした思想に抽象的な表現を与えたものです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。