So-net無料ブログ作成

インド・ヨーロッパ語族のパンテオン [創造神話と古代神智学]

ペルシャとインドの支配層となった民族は共にインド・ヨーロッパ語族に属するアーリア人で、かつては同じところに住んでいた一つの民族でした。

古代インド・アーリア人の創造神話はバラモン教の聖典「ヴェーダ」にある程度その跡をとどめています。
その全体像が記録に留められているわけではありませんが、古代エジプトの神話とそっくりな部分があるので、古代エジプト神話や、やはり影響力を持ったであろうメソポタミア神話をモデルに、その古い姿を復元してみましょう。

インド・ヨーロッパ語族には、社会を主権(宗教)/戦争/生産(豊饒)という3つの階層に分けて考える世界観があったと言われています。神々にもこの3つの階層があって、それぞれ天上、天空、地上の神々に当たります。
また、それぞれの階層の主要な神は、対象的な性質を持つ対のカップルの2神で構成される傾向があったようです。
そして、3つの階層の外に、3つの階層を貫いて関係する神々もいました。
一貫した創造神話が残されていないので言い切れませんが、この3層の神は、この本で言う創造神話の流れで言えば、原初神/天界神/地界神に相当するでしょう。
実際、主神は から戦争神へと変化する傾向がありました。インド・ヨーロッパ語族の古来の神々の構造は、インドで最も古い形が残っています。
イランにもかなり古い形が残っていますが、ゾロアスターやマズダ派の改革によって変形されました。逆に、ギリシャにはほとんど残っていません。

天上の至高神は、「法的な昼の天神」と「呪術的な夜の天神」のカップルを形成します。
インドではミトラとヴァルナ、イランではミスラとアパム・ナパート、ギリシャではおそらくクロノスとウラノス、ローマではディウスとユピテル、ケルトではルーグとダグザ、北欧・ゲルマンではチュールとオーディンが天上の至高のカップルに当たります。

天空の戦争神は、「荒々しい風神」と「洗練された雷神」のカップルを形成します。
インドではヴァーユとインドラ、イランではワユとウルスラグナがこれに当たりますが、他の場所ではカップルは見られません。
ギリシャではゼウス、ローマではマルス、ケルトではオグミオス、ゲルマンではトールが天空の戦争神です。

地上の豊饒神は家畜の守護神で、男神のカップル、あるいは男女神のカップルを形成します。
インドではアシュヴィン双神やナサーティア双神、イランではドゥルワースパーとガウ、ローマではクイリヌス、北欧・ゲルマンではフレイとニョルズ、あるいは女神フレイヤが豊饒神に当たります。
また、悪神や豊饒神は、農業系の被支配民族の神々を習合したかもしれません。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。